オンラインストア

ネットショップ GEAR STUDIO
アクセスマップ
楽天市場:ゴルフクラブ製造直売ギアスタジオにて当社製品の販売を行っております。また、直接工場でのご購入も可能です。




ご存知でしたか?国産アイアンヘッドは、ここ市川町で生まれました。

鍛冶屋の技術を応用し、市川町で完成した国産初のアイアンヘッド

昭和3年頃、兵庫県工業試験場三木分場にグリーンのホールカップ切りと一緒に、アイアンヘッドが研究材料として持ち込まれました。その担当研究員の1人に松岡文治さんという人がいました。松岡さんは川辺村(現市川町西川辺)の鍛冶工   森田清太郎さんに、アイアンヘッド製作を依頼しました。当時はアイアン製作のための資料もなく、何度も思考錯誤も重ね、ついに刀鍛冶の技術を応用した鍛造製法による、国産初のアイアンヘッドが完成、昭和5年に量産化に成功しました。開発にかかった歳月は実に3年、日本のアイアンヘッドはこの市川町で産声を上げました。 




姫路地域に広まったゴルフクラブ生産

アイアンヘッドの量産化に成功した松岡さんと森田さんは、それぞれ姫路市に生産工場を移し、本格的なアイアンヘッド製造を始めました。

第2次大戦中はゴルフ器具の製造が禁止されましたが、昭和25年頃から再開されました。このころから製造メーカーも増えはじめ、昭和30年代に到来したゴルフブームにより、一気に生産量が増加、昭和40年には全国のアイアンヘッドの7割を姫路地域で生産したといわれ、地場産業として定着しました。




打球感とゴルファーに合わせた調整が軟鉄鍛造アイアンの特徴

現在のアイアンヘッドの製造方法は主に金属を溶かして型に流し込んで成型する鋳造(ロストワックス)製法と、加熱した軟鉄を金型に入れて加圧成型する鍛造(フォージド)製法の2種類があります。

鍛造製法は刀鍛冶の技術の応用で、約1200℃に熱した軟鉄を金型に入れ、高圧でプレスします。加圧することで、組織が緊密になり、柔軟なしなりも生まれるといわれています。鍛造製法によるアイアンヘッドは一般的に打球感が柔らかく、ライ角・ロフト角の微調整も出来るため、プロやゴルフファンには根強い人気があります。